IT化がどんどん進み、世界は大きく変化しています。

もちろん日本でも一緒ですよね。

あらゆるものが便利になっている時代、それは世の中がどんどん変化し進化している証拠です。

今まで通用していたものがこれからは通用しなくなるそういった意味をも持ちます。

教育面にもその影響を与えています。

以前と比べ子供の教育に対しての考え方は180度違うものになりつつあります。

学歴が重視される時代ではない

今までだといい高校、いい大学に卒業するステータスというのが何よりも重視されていた時代です。

しかし、これからは違います。

大手企業をはじめ従業員の採用条件には大きな変化が起こっているのをご存知でしょうか。

すでに大卒、高学歴の採用条件を撤廃している企業は少なくありません。

学歴ではなく個人個人がもつスキルを重要視するようになっています。

残念ながら日本の終身雇用制度は崩壊し、一つの企業で何十年も働き続けるという考えは通用しなくなっています。

小学生、中学生の子供の時期から今までとは違う価値観を持ち今後の将来を考えていく必要性があるということです。

教育は20年先のことを考える

教育は20年先のことを見据え考える必要があるという言葉があります。

ソフトバンクの孫正義さんは、今から30年以上も前からこう発言していました。

「熊本県の全ての小学校にパソコンを導入するべきだ」と。

あらゆる可能性を秘めている子供たち。

その能力の開花のきっかけになるのが、習いごとではないでしょうか。

今の子供たちの20年後を見据え考えた場合、プログラミングというスキルや知識は大いに役立つものである

と、イメージできる保護者の方々は増えています。

「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が補償しよう」

Facebookの元役員による言葉です。

プログラミングを学ぶことは子供たちが自分の力で生きていく力を備えることに繋がります。

プログラミングの無料体験、ご相談はお気軽にお問合せ下さい。

公式:ロジカ式プログラミング明石駅前教室